黒いものだけに反応するレーザー



ワキの永久脱毛をすると、どうして毛が生えなくなるのかご存知ですか。
これからワキの永久脱毛をしたいと思っている方も、ムダ毛で悩んでいる方も、永久脱毛の仕組みと肌への負担について確認してみましょう。

黒いものだけに反応するレーザーや光を利用して、皮膚の中にある毛根に一瞬だけ高熱を送ることにより、毛根周囲の細胞を破壊して毛の生成が出来ないようにするのが永久脱毛です。
破壊された細胞は、毛に十分な栄養を送ることができずに成長できなくなるので自然に抜けていき、再生する力も失ってしまうのですね。

しかし、レーザーや光を利用するときには、毛根までの深さや毛の色、肌の色などによって熱量を調整する必要があるのです。
ワキの脱毛をする際、熱量が弱いと毛根まで届かずに永久脱毛の効果がありませんし、強すぎる場合は毛根周辺の細胞を破壊しすぎてしまい、痛みも伴いますし、肌への負担が大きくなってしまいます。

信頼できるサロンやクリニックを選ぶことが重要ですが、肌の弱い方は医師のいるクリニックのほうが肌のトラブル時でも適切な処置をしてもらえるので安心できますね。